痛風の症状|手指の関節痛の原因は?
痛風の症状|手指の関節痛の原因は?

手指に出る関節痛。場合によってはペンを持つのも大変なくらい痛いことがありますね。もしかしたら痛みは痛風の症状かも知れませんよ。手の指の関節に出る痛風の症状はどんなものでしょうか?痛風の他、今回この記事では、手指に起こる関節痛に関する情報をご提供いたします。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


痛風の症状は手指の関節にもでる?

痛風と言えばメジャーなのは足の親指の付け根ですね。

実に7割の人が足の親指に痛風発作を起こし、残りの3割のうち2割の人も膝よりも下に痛みが走ります。

 

しかし、残り1割の人は上半身で痛風の症状が出てきて、中でも指先というのは痛風の症状が出やすいところです。

何故かというと、上半身では手の指が他の場所に比べ血液温度が下がりやすいからです。

血液温度が低いと尿酸が結晶化しやすいのです。

 

と言っても痛風が手指に出るのは、痛風を何度も繰り返している人です。

今まで痛風の症状は出たことがないよ、という人は手指には、絶対とは言いませんがまず出ません。

スポンサーリンク


痛風以外の手指の関節の痛み

手指の関節の痛みというのは痛風以外にも多くの病気があります。

関節リウマチ

外敵から自分を守ってくれる免疫機能が、なんらかの理由で自分の関節を攻撃してしまい、関節に痛みや腫れが起こります。朝、手や指がこわばるのが特徴で、関節の痛みは全身に広がります。症状が進むと軟骨や骨が破壊され、関節が変形します。

手指の変形性関節症

加齢などによって関節軟骨がすり減ることで、指が曲がったり、関節の一部が腫れたりする疾患。関節リウマチと混同しやすい病気です。

へバーデン結節

DIP関節(指の第一関節)が腫れて変形し、痛みが出ることもあります。すべての指に痛みが出るとは限りません。手指の変形関節症の中でもっとも多く見られる疾患で、水ぶくれのようになることもあります。

ブシャール結節

主に指の第二関節が腫れたり、変形したりします。指を曲げたり伸ばしたりすると痛みが出ます。へバーデン結節にともなって発症することが多いです。

母指CM関節症

親指の付け根の関節が腫れます。つまむ動作が困難になるため、日常生活に支障が出ます。

腱鞘炎

手や指を使いすぎることで、腱の外側を包んでいる「腱鞘」に起こる炎症。手首や指を動かすと痛み、指の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなります。

スポンサーリンク


まとめ

痛風というのは関節や筋や腱であれば全身どこでも発症する可能性があります。

しかし、手指に出る場合は、痛風以外の病気が原因のことが多いのも実情です。

しっかりと医師に診断してもらい、適切な治療を施しましょう。

 

以上、『痛風の症状|手指の関節痛の原因は?』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

スポンサーリンク