ビールが大好きで運動不足。身に覚えはないのに手の指や手の甲の激痛がきた。というときは痛風の症状かもしれません。通常痛風の症状というものは足に出るのが一般的ですが、手の指や手の甲に出ることもあるんです。手の指痛風の症状が出るとはどういうことなんでしょうか?

関連記事
痛風が手首に出たら・・・
女性でも痛風になることはある?
痛風の時にお酒を飲む方法

 

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


そもそも手の指に痛風の症状がでるのか?

改めて確認ですが、痛風の症状が手の指に出ることはあるんでしょうか?

答えはYESです。

尿酸というのは関節や筋や腱に溜まるので手の指の関節で出ても不思議ではないのです。

ただし、可能性としては高くありません。

 

痛風というのは心臓から遠い場所で起こりやすいです。

だから身体のなかで心臓から一番遠い足の指で発病することが多いです。

 

なぜ心臓から遠い場所で起こるかというと血液の温度が関係しています。

痛風というのは血液に溶け切らなくなった尿酸が結晶化するのが原因です。

尿酸は温度が低ければ低いほど、血液の中に溶けていられなくなるのです。

 

手の指は心臓に近いため血液の温度も高く、普通であれば痛風は起こりません。

とくに初めて痛風になったという人で、その痛みが手の指に出たという人はまずいないはずです。

スポンサーリンク


手の指に痛風の症状が出ることの重大さ

その手の指の痛みが痛風の症状であるならば、かなり深刻です。

痛風は発作で関節が腫れて激痛を伴うだけでなく、成人病など他の疾患を併発する可能性があります。

 

手の指にまで痛風の症状がでるということは、痛風の症状がかなり進行していると考えられます。

痛風が進行してくと、腎臓にも尿酸が溜まり、腎臓で結晶となり、腎臓の働きを阻害してしまう可能性もあるのです。

 

そうなれが人工透析をしなければならない可能性もでてきますね。

かなりの大ゴトです。

なので手の指に痛風の症状が出た場合は一刻も早く治療してください。

 

 

もしもあなたの手の指の痛みが、今回初めてのものなら、痛風の可能性は極めて少ないと言えます。

もちろん100%違うとは言えませんが・・・

正式には内科の先生に診てもらって、診断してもらってください。

スポンサーリンク


まとめ

手の指の関節に痛風の症状がでたのなら、痛風はかなり進行しています。

一刻も早い治療が必要になってきます。

 

ただし、手の痛みの場合、関節リウマチなどの他の疾患の可能性もあるので、しっかり受診して診断してもらってください。

 

以上、『痛風の症状が手の指に出るのは・・・』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事
痛風が手首に出たら・・・
女性でも痛風になることはある?
痛風の時にお酒を飲む方法

スポンサーリンク