痛風の症状が手首に出たら・・・
痛風の症状が手首に出たら・・・

痛風の症状は普通、足の親指の付け根に出ると言います。では手首に出ることはあるのでしょうか?答えはYESなのです。初回の痛風発作が手首にくることは稀ですが、痛風の症状手首に出るというのはどういうことなのでしょうか?実はかなり深刻な状況なので注意しましょう。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
女性でも痛風になることはある?
痛風の時にお酒を飲む方法

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


痛風の症状が手首に出ることの意味

痛風の症状は通常、足の親指に出ることが多いです。

何故かというと、痛風の症状は心臓から遠い場所で起こりやすいからです。

 

なぜ心臓から遠い場所で起こりやすいのかというと、

心臓から遠い場所の方が血液の温度が低いからです。

血液の温度が低いと尿酸が血液に溶けにくくなり、結晶になりやすいのです。

 

ですから足の指先で痛風の症状が起こることが多いのです。

手首は足の指と違って心臓から近く、血液の温度も高いので痛風は起こりにくいんです。

 

ちなみに膝から上に痛風の症状が出るのは、全体の1割以下と言われています。

 

では痛風の症状が出にくい手首で痛風の症状が出るというのはどういうことなのでしょうか?

実かこれかなり深刻な状況です。

アドセンス

痛風の症状が手首に出たら深刻

手首に痛風の症状が出るということは、膝より下にはすでに尿酸の結晶がたくさんできてしまっている可能性があります。

これは痛風がかなり進行しているということです。

 

痛風が進行してくと腎臓にも尿酸の結晶が溜まります。

腎臓に尿酸の結晶がたまると腎臓の働きを阻害してしまうんです。

 

腎臓が動かなくなったら人工透析ですよ。

こうなったら一生、病気と闘わなければいけません。

 

そうなる前に必ず治療をしましょう。

アドセンス

初めての痛風が手首に出ることはあるのか?

痛風の症状は前述の通り、足の指に出ることが多いです。

ちなみに足の指に痛風の症状がでるのは全体の7割超にのぼります。

 

初めての痛風が手首に出ることはまずありません。

もしもあなたの手首の痛みが今回初めてのものならおそらく痛風ではないと思います。

素人判断はせず、しっかりと医者に診てもらってください。

アドセンス

まとめ

先ほども書きましたがもしも痛風の症状が手首に出ている場合、自体はかなり深刻です。

一刻も早く、内科、できれば痛風外来を掲げている病院に診てもらい地長を始めてください。

 

以上、『痛風の症状が手首に出たら・・・』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
女性でも痛風になることはある?
痛風の時にお酒を飲む方法

 

スポンサーリンク