痛風の症状が手でた場合の治療法
痛風の症状が手でた場合の治療法

突然のの関節の痛み、もしかしたら痛風なのかも知れません。痛風の症状は足だけでなく、に出ることもあるんです。もしもに痛風の症状が出た場合、どのような治療法があるのでしょうか?この記事では、痛風の症状がに出た場合の治療法に関する情報をご提供いたします。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


痛風の症状は手の指先にも出る?

そもそも痛風の症状は手の指先にもでるのでしょうか?

答えはYESです。

 

痛風の原因となる尿酸の結晶は関節部分や筋や腱に溜まるので、足だけでなく手など他の場所でも痛風発作が起こる可能性があります。

なぜ「足の指に出る」ことが多いのかというと、血液の温度に原因があります。

 

尿酸というのは血液中に溶けて体中をまわり、最終的には腎臓でろ過されて体外に尿と一緒に排出されます。

そして血液中の尿酸値濃度が高くなりすぎて、血液に溶け切らないほどの濃度になった場合、血液中の尿酸値濃度が高くなりすぎないように血液の外に結晶として溜めるんです。

 

だから痛風というのは身体の防御反応なんですね。ほんと人間の体ってよくできています。

 

この尿酸の結晶は、ただそこにあるだけでは痛くありません。

痛みが出るのは、この尿酸の結晶を白血球が異物として攻撃し、結晶が割れてその破片が神経に刺さることで痛みを感じます。

 

で、痛風の出る場所と血液温度の関係ですが、心臓から遠い場所の方が血液温度が低いんです。

小学生のころ理科の実験でやったと思いますが、物質というのは温度が高いほど、液体に溶けやすく、

温度が低いほど、液体に溶けにくいですよね。

 

尿酸と血液も同じ関係で、血液の温度が低ければ低いほど血液中に溶け切れる尿酸濃度が低くなっちゃうんです。

だから上半身など心臓に近く血液温度の高いところでは結晶化されにくいんです。

 

しかし他に結晶化できるところがなくなってくれば手の甲や手の指の関節でも結晶化しちゃいます。

ここまでくると痛風がだいぶ進行していると考えられるため一刻も早い痛風の治療が必要です。

スポンサーリンク


手に出た痛風の症状の治療法

手に出た場合の痛風の治療は基本的に足に出た場合と変わりません。

関連記事:痛風の治療法

 

まずは痛みがある場合は安静にして、痛みと腫れが引くのを待ちます。

激痛は1~2日で治まります。痛み自体は1~2週間ほど続きます。

 

痛みと腫れが治まったら地徴スタートです。

治療には投薬治療と食事療法がありますがここでは食事療法に関してご説明します。

 

なぜなら、投薬治療を行っても、食事療法はしないといけないからです。

スポンサーリンク


食事療法

食事は低カロリー高たんぱくの献立を心がけて下さい。

いわゆる和食です。

ただし、干物や魚卵、ウニなどは尿酸の原因となるプリン体が多いので控えめにしましょう。

関連記事:痛風の症状があるときのおすすめレシピ

 

そして三食規則正しい時間に、ゆっくりとよく噛んで食べます。

大盛り、特盛りといきたいですが、腹八分目を心がけましょう。

 

そして飲み物は水、またはノンカフェインのお茶がおすすめ

関連記事:尿酸値を下げる飲み物はコレ!!

 

お酒は出来るだけ控えましょう。

最近の研究ではエタノールを分解するときに尿酸が生成されることがわかっています。

またお酒をのむとアルコールを分解する作業が、尿酸を排出する作業に先行して行われるので、尿酸が身体から減りません。

スポンサーリンク


まとめ

食事に気を付けて、さらに適度な運動と十分な睡眠を心がけ痛風を治療していきましょう。

 

以上、『痛風の症状が手でた場合の治療法』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

スポンサーリンク