痛風の症状|手の小指に出ることもある?
痛風の症状|手の小指に出ることもある?

痛風の症状小指に出たらどうなりますか?手というのは可動範囲が広いのでつい動かしてしまいますが、動かすことによって治りが遅くなってしまいます。小指痛風の症状が出たときは、どうすればいいのでしょうか?ここでは小指に出た痛風についてご説明します。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


痛風の症状は手の小指にも出る?

痛風の症状は通常、足に出ますよね。足の親指の付け根に出ることが多いですが、手に出ることもあります。

但し、これまで痛風になったことがないという人は滅多に手の小指に出ることはありません。

 

痛風の症状を何度も何度も繰り返して足に尿酸の結晶が溜めれない状態になったら、手に出てくると考えられています。

なので手の小指に出た場合、痛風がかなり進行しているとみていいわけです。

 

痛風は進行すると腎臓にも尿酸の結晶が溜まります。

腎臓に尿酸の結晶が溜まると腎臓の機能を阻害してしまうのです。

 

ここまでくると人工透析をしなければいけない可能性もあります。

そうならないように手に痛風の症状がでたら一刻も早く医者にかかり治療をしましょう。

スポンサーリンク


親指と小指でちがいはあるのか?

痛風の症状が手の親指に出る場合と、小指に出る場合、何か違いはあるのでしょうか?

答えは何の違いもありません。

 

手の親指に出るか小指に出るかはほとんど運任せの話です。

どちらに出ても手に激痛が走るのでモノを持つことも出来なくなります。

スポンサーリンク


手の小指に痛風の症状が出たらどうすればいいか

足と違って痛風の症状が手の小指に出ている場合、とりあえず動くことは出来るので内科を受診しましょう。

痛み止めを処方してくれる場合は、痛み止めを飲んで安静にしていましょう。

 

痛み止めが効いて、手の小指が痛くないとは言っても無理は禁物。

物を持ったりしないで、腫れが治まるのを待ちましょう。

 

通常、痛風の激痛は1~2日で治まり、違和感も1~2週間でなくなります。

 

違和感がなくなったら、医師の指導の元、痛風の治療を始めてください。

痛風の治療は食事療法を中心に行うといいです。

 

食事療法といっても難しく考えることはありません。

昔ながらの日本食を、よく噛んで食べること。

食事の量は少なめにし、腹八分目以下にするようにしてください。

 

あとはプリン体の少ないものを摂っていけばOKです。

スポンサーリンク


まとめ

痛風の症状が手の小指に出ている場合、早めの治療が必要です。

痛みがなくなったからといって不摂生な生活は改め、規則正しい生活を送るように心がけてください。

 

以上、『痛風の症状|手の小指に出ることもある?』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

スポンサーリンク