痛風の症状でかかとが痛い!
痛風の症状でかかとが痛い!

痛風の症状かかとが痛い!足の指の付け根に発症することが多い痛風ですが、指以外ではかかとや踝、足の甲や、足の裏で痛風発作が起こる場合もあります。どんな時に起こるのか?その対処法は?今回この記事では痛風の症状かかとが痛い場合の原因と対処方法をご紹介します。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


このかかとの激痛は痛風の症状?

かかとに痛風の症状が出た場合、経って歩くことはほぼ不可能です。

 

風が吹いただけでも痛いといわれる痛風の患部がかかとにあるのは、とても大変なことです。

だって立ち上がるとき、かかとは絶対に体重がかかりますよね。

痛風の患部に体重がかかると、それはもう泣き叫びたくなる痛みをかんじます。

 

痛風発作を以前にも経験したことのあるという人が、何の前触れもなくかかとが痛い問う場合は痛風の可能性があります。

 

ですが、痛風発作を経験したことのない人の場合、初めての症状がかかとに来ることは稀です。

痛風以外でかかとがいたい、という症状がある場合は次のことが原因となっている場合もあります。

 

痛風以外でのかかとの痛みの原因

かかとの痛みというのは、痛風以外にも病気があります。

病気が違えば対処法も違ってきますので気を付けてくださいね。

足底筋膜症

足底筋膜症とは足の裏側にある足底筋膜に炎症が起きる症状です。

足に負担多くかかっている人だと、このケースがあります。

 

足底筋膜というのは、伸び縮みすることで足にかかる衝撃を和らげる働きをするのですが、足に大きな負担がかかり続けると、この筋膜が硬直してしまいます。そして衝撃で筋膜に亀裂が入り損傷し、炎症を起こすのです。

かかとだけでなく、足の裏にも痛みがある場合は足底筋膜症を疑う必要があります。

踵骨骨折

骨折です。かかとの骨が折れている状態です。相当痛いです。

高いところから飛び降りたり、かかとに強い衝撃が加わった後に激痛が起こった場合は、骨折の可能背があります。

踵骨骨端症

これはどちらかと言うと大人よりも子供がなりやすい症状です。

バスケットボールやバレーボールのように頻繁にジャンプをするスポーツをしている子供が、かかとの部分に炎症を起こしてしまうことがあります。

ただこれは重篤化することはまれで、安静にしていれば治癒することが多いです。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは坐骨神経に沿っておこる激しい神経痛で、大部分は外傷による腰仙椎(ようせんつい)の椎間板ヘルニアで坐骨神経根が圧迫されるためにおこります。

腰痛持ちの人の場合、かかとの痛みの原因が坐骨神経痛である可能性があります。

靴擦れや体調の変化

足に合わない靴を長時間吐き続けていたり、急激な体重の増加でかかとに負担がかかった場合、かかとに激痛がくる場合があります。

これは病気ではないので、自分に合った靴を選ぶ、生活習慣を見直すなどして対処してください。

 

スポンサーリンク


痛風でかかとが痛い時の対処法

痛風というのは足の指に出ようが、膝に出ようが、かかとに出ようが対処方法は変わりません。

安静にして、できれば冷やして、水をたくさん飲む

これが対処方法になります。

 

痛風の症状でかかとが腫れている場合は、炎症を抑えるために冷却した方がいいのですが、保冷剤が当たっても激痛なので、痛みが我慢できない場合は、温めないようにして、安静にしていてください。

痛風の症状が出たばかりのころは温めると痛みがひどくなります。

 

ちなみに私はそれを知らず、痛風の症状が出たとき患部を温泉で温めてマッサージしたら症状がとてもとても重くなった過去があります。

あなたは気を付けてくださいね。

 

かかとの激痛は1~2日で治まりますが、痛みが和らいで来たら今度は患部を冷やさないようにして下さい。

患部を冷やしすぎると、症状が悪化します。

 

冷やせといったり、冷やすなと言ったり、矛盾のように思うかもしれませんが、

基本的に身体は冷やしてはいけないのです。

初期の段階のみ冷却が有効です。

スポンサーリンク


まとめ

まとめるとかかとが痛風の症状で痛い場合、

安静にして、できれば冷やして、水をたくさん飲む+痛みが和らいで来たら冷やさない

です。

 

以上、『痛風の症状でかかとが痛い!』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

スポンサーリンク