かかと痛風の症状が出た!こんな時はどうすればいいか?はっきり言って何も考えられくなるくらいの痛みが走ります。治療できるなら早く治りたい!でもどうしたらいいのかわからないよね!痛風の症状かかとが痛い時の治療法をご説明します。一刻も早く痛風を治して下さい!

 

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


かかとの痛風の治療法

かかとに出た痛風の症状は大きく分けて二つあります。

一つ目は痛い状態のときの治療。もう一つは痛みがない時の治療です。

 

本来痛風の治療というのは痛くなる前(高尿酸血症)に行うのがベストなのですが、普通痛みが出るまで自分が高尿酸血症であるとは自覚しないので、痛みが出てから治療がスタートします。

 

かかとが痛いときの治療法

痛風の症状が出ているときは、次のことをしてください。

①かかとを冷やす

②かかとを上げて、安静にする

③水をたくさん飲む

④お酒は飲まない

かかとを冷やす

まずは患部を冷やします。痛風の症状というのは患部が炎症を起こして腫れあがります。

なので、炎症を抑えるために患部を冷却します。

 

氷水を入れたビニール袋や保冷剤などで患部を冷やしてください。

ただし、患部にモノを当てると激痛が走る痛風です。

 

我慢できないほど痛いなら、冷やさなくても構いません。

その場合は温めないようにしてください。

 

痛風の症状が出来ているときはお風呂も控えましょう。

 

かかとを上げて、安静にする

痛風の症状でかかとが痛いときは、まず動けません。

なので横になってください。

 

横になった時、ふくらはぎの下に座布団などを挟み足が心臓よりも高くなるようにしてください。

こうすることで足への血流が弱くなり、痛みが和らぎます。

水をたくさん飲む

痛風の原因となる尿酸を排出するのに効果的な飲み物をしっていますか?

それは水なんです!痛風の時は水が一番!

 

水をたくさん飲んで、オシッコをたくさんすれば尿酸が体外に排出されます。

痛風の時は1日2リットル以上の水を飲むようにしましょう。

お酒は飲まない

たとえ痛くても病気でもお酒はやめられないという酒豪の人がいます。

しかし、痛風の時のアルコールは百害あって一利なしです。

 

お酒を飲むと、身体の中でアルコールが水と二酸化炭素に分解されますが、その過程でプリン体が生成されます。

焼酎やウイスキーにはプリン体は含まれていませんが、焼酎やウイスキーでも、分解中にプリン体が生成されるのです。

 

もちろん飲料の中にプリン体が多いビールは最悪。プリン体を直接摂取し、アルコール分解中にもプリン体が生成されるので、ダブルで悪いのです。

 

また、アルコール分解中は、尿酸を排出する機能が低下するので、身体の中にある尿酸が体外に排出されなくなります。

 

つまりお酒はプリン体=尿酸を増やし、身体から尿酸を減らさない効果があるんです。

かかとに痛みがあるときは、一刻も早く尿酸値を下げないといけないのでお酒は絶対に飲まないようにしてください。

スポンサーリンク


かかとの痛みが治まった後の治療

かかとの痛みがとれたら、本格的な治療に移りましょう。

痛風の治療は投薬治療と生活習慣の改善が必要です。

 

投薬治療は医師の指示に従ってください。ここでは除外します。

生活習慣の改善

薬を飲んでも飲まなくても、生活習慣は改善しないといけません。

なぜなら、痛風の症状が出る前と同じ生活習慣なら、いずれまた痛風が起こるからです。

 

生活習慣の改善とは

①バランスのとれた食事

②適度な運動

③十分な睡眠

の3つです。

 

これを心がけて下しさい。

スポンサーリンク