痛風の症状が膝裏に出ることはある?痛風は膝裏にも出ます!
痛風の症状が膝裏に出ることはある?痛風は膝裏にも出ます!

痛風の症状膝裏が痛くなるって聞いたとありますか?痛風の症状と言えば足の指を思い浮かべますが、膝裏にでることもあるんです。膝裏痛風の症状はどんなものか?膝裏が痛い時はどうしたらいいのか?治療方法は?など膝裏にでた痛風の症状に関する情報をご提供いたします。

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

痛風に効く最強の食べ物はコレ
↓↓↓
白井田七(しらいでんしち)


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


膝裏にも出る痛風の症状

痛風の痛みの原因は痛風、尿酸が結晶化するのが原因です。

この尿酸の結晶は関節や筋、腱に溜まります。

 

身体の中でどの部分に溜まるのかというと、体温の低い部分、足の指など、心臓から遠い部分に溜まります。

通常は足の指に溜まることが多いですが、足に結晶が多くなりすぎると足以外の場所に出来てきます。

 

膝裏に痛風の症状が出る場合、痛風が進行している可能性が高いので注意が必要です。

痛風の進行度合い

痛風の初期症状

痛風の初期段階で自覚症状として確認することができる特徴的なものです。

・足の指先や関節に違和感がある。

・関節などに炎症が見られる。

・足の指先が腫れている様な感覚がある。

・痛みを感じるがその後痛みは治まる。

・立ち上がる動作の時などに足先に痛みを覚える。

痛風の中期症状

初期の段階では痛みを発症しても数日で治まっていたものが、放置していたことで発作の間隔が徐々に短くなってきて痛みが治まりにくくなって、複数の箇所に痛みが生じる様になります。関節の炎症が悪くなってくる様になり慢性化します。

痛風の末期症状

末期になると関節以外の場所に尿酸が蓄積されてしまい尿酸結晶の塊ができてしまい、「痛風結節」といわれるものが起こります。この段階になると、尿路結石や血尿などを発症し、腎不全、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など深刻な病気が高い確率で起こってしまうことになります。初期の段階において、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて触ると痛みを感じるなどしたら「痛風」を疑いましょう。

スポンサーリンク


痛風の症状が膝裏に出たときの対処法

痛風の症状で膝裏が痛い場合、どのように対処すればいいでしょうか?

痛風は膝裏に出ようが、足の指にでようが対象方法は同じです。

 

それは、

①安静にしていること

②可能なら患部を冷却すること

③水をたくさん飲むこと

の3つです。

 

尚、②の冷却についてですが、夜眠れないくらいの激痛が治まったら、冷やすのをやめてください。

あまり冷やしすぎると痛風が内向してしまい、治りが遅くなってしまいます。

スポンサーリンク


 

膝裏に出た痛風の治療法

痛風発作が治まったら、痛風の治療を開始しましょう。

前述の末期症状に移行してしまうと楽しい人生が送れなくなってしまうので、そうなる前に治療を行いましょう。

 

痛風の治療は食事療法など生活習慣の改善が必要です。

 

生活習慣の改善とは

①バランスのとれた食事

②適度な運動

③十分な睡眠

を行うことです。

 

薬を飲んでるから大丈夫と思わないで、生活習慣の改善を心がけましょう。

 

関連記事
痛風が手の指にでたらたら・・・
痛風の時にお酒を飲む方法
女性でも痛風になるのか?

スポンサーリンク