痛風の症状|足の裏のどの場所に出る?
痛風の症状|足の裏のどの場所に出る?

痛風の症状足の裏のどの場所に出るかご存知ですか?そもそも足の裏にも出るってしってましたか?怪我をした覚えもないのに足の裏に激痛がある場合痛風の症状が出ている可能性があります。どの場所だと痛風の可能性があるか?足の裏痛風の症状についての情報をご提供します。

 

スポンサーリンク


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


足の裏のどの場所に出る?

痛風は通常足の指に出ることが多いですが、足の裏側の症状も見逃せません。

関節以外にも筋や腱にも尿酸が溜まりやすいのです。

 

足の裏側には大きな筋が通っています。

ここに尿酸が溜まって結晶化すると、足の裏の痛風になるのです。

 

足の裏のここの場所に出やすい、といったようなことはありません。

足の裏の筋ならどこに溜まってもおかしくないので、足の裏ならどの場所でも通痛の症状が出る可能性があるということです。

スポンサーリンク


足の裏に痛風の症状が出たらどうなるの?

足の裏に痛風の症状が出たら、足の裏が腫れあがります。

痛みを感じるのがどの場所でもまず立ってはいられないくらいの激痛に襲われるでしょう。

 

足の裏は歩くにしても体重がかかります。

風が吹いても痛いといわれる痛風ですから、

体重がかかるとなると悶絶です。

 

スポンサーリンク


 

足の裏に痛風の症状が出たらどうしたいいか?

足の裏に痛風の症状が出たら、どうしたらいいでしょうか?

①まずは冷やしてください。

足の裏の筋は炎症を起こしています。

この炎症が治まらないと痛みはとれません。

 

でも、何もしなくても激痛の痛風です。冷やすために冷却材を当てるのも大変な話。

冷やすなんてとても無理という人は、無理に冷やす必要はありません。

②痛い方の足を高くして横になる。

痛風の症状が出ているときは痛くて歩けないでしょうから、横になってください。

横になったら、痛風の症状の出ている方の足を高くしてください。

 

こうすることで、患部に血流が回りにくくなり、痛みが和らぎます。

③水をたくさん飲む

横になって飲みづらいかもしれませんが、水は普段よりも多めにとりましょう。

なぜなら痛風の原因である尿酸は尿に溶けて体外に排出されるのです。

 

だから尿はたくさん出した方がいいのです。

スポンサーリンク


足の裏に痛風の症状が出ているときやってはいけないこと

逆にこれをやっては足の裏の腫れが引くのも、痛みが抜けるのも遅くなってしまうということがあります。

①患部を温めること

②無理をして動くこと

③お酒を飲むこと

この三つをやってしまうと、通常1週間ほどで引く痛風の症状も長引いてしまいます。

スポンサーリンク


まとめ

足の裏に痛風の症状が出た場合、安静にして、腫れている場所が治まってきたら病院に行きましょう。

以上、『痛風の症状|足の裏のどの場所に出る?』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク