痛風の症状が足首に出た場合腫れないことはあるの?
痛風の症状が足首に出た場合腫れないことはあるの?

突然の足首の激痛。捻挫をするようなことは身に覚えがない、という場合痛風の症状である可能性が高いです。でも腫れていないよ?という場合はあるんでしょうか?そこで今回この記事では痛風の症状が足首に出た場合、腫れないことはあるのかについての情報をご提供いたします。

関連記事
痛風の症状が足首に出た!どう対処すればいい?
痛風の症状が足首に出た!何科を受信すればいい?
痛風の症状が足首に出たときの治療方法
痛風の症状が足首に出た。症状はどのくらいの期間続く?

スポンサーリンク


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


痛風の症状が足首に出た場合どうなるの?

通常足首に痛風の症状が出た場合、ひどく腫れあがります。

そして、激痛を伴い歩くこともできなくなります。

 

ただ普通、足首に痛風の症状が出るのは痛風玄人です。

初めて痛風が出たとか、今回が2回目だとかいう人は足首には痛みは出ません。

 

逆に言うと痛風の症状が足首に出た場合、結構深刻な状況が近づいてきているといえます。

というのも、足の指の付け根に出ないのは、そこに尿酸結晶がすでにあって、ほかに行く場所がなく足首に出たと考えられるからです。

 

つまり、痛風の症状が足首に出たという人は、足の指の付け根に出たという人に比べて、慢性的に高尿酸血症であるといます。

高尿酸血症が続くと、上にも書きましたが成人病と合併して大変なことになる可能性が高くなります。

それこそ命が危険にさらされるのです。

 

足首に痛風の症状が出たという人は、痛みが引いたら高尿酸血症を改善するようにしてください。

 

スポンサーリンク


痛風の症状が足首に出た場合、腫れないことあるの?

足首に痛風の症状が出た場合、腫れないということはまずありません。

 

ですが、痛風の症状が繰り返し出ている人の場合、通常時(痛くないとき)ですでに足が腫れている状態に近くなっていることが多いので、腫れていても気が付かない、わかりにくいということはあります。

スポンサーリンク


痛風の症状が出ても腫れない場所はあるのか?

痛風発作が起こっても腫れない場合というのも確かに存在します。

 

それは

  • 足の甲
  • 足の裏

に痛風の症状が出る場合です。

 

これらの共通点は関節ではなく筋(スジ)だということ。

筋に痛風の症状が出る場合、一般的にあまり腫れません。



まとめ

捻挫の覚えはないけど、足首に激痛が走る・・・

でも腫れていないという場合、気が付かないだけで、実際は炎症を起こしているのかもしれません。

一刻も早く病院(内科)を受診してくださいね。

 

以上、『痛風の症状が足首に出た場合腫れないことはあるの?』でした。最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事
痛風の症状が足首に出た!どう対処すればいい?
痛風の症状が足首に出た!何科を受信すればいい?
痛風の症状が足首に出たときの治療方法
痛風の症状が足首に出た。症状はどのくらいの期間続く?