痛風の症状が足でなく膝に出るとヤバイ!!
痛風の症状が足でなく膝に出るとヤバイ!!

痛風の症状は通常の指に出ます。1回目の発作からに出る人はまずいません。痛風の症状を2回3回と繰り返していくうちにの指でなく、痛みが上の方に出てくるのです。そしてに痛みが走った時はもう上級者(?)と言えるでしょう。こうなったら一刻も早く治療が必要です。

関連記事:痛風の症状が足に小指でたら馬鹿にされた

スポンサーリンク


痛風の基本知識

そもそも痛風とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸はどんな人の体の中にも一定量あります。通常であれば尿酸は血液中に溶けて循環し、腎臓を経由して尿として排出されます。

ところが何らかの原因で、血液中に溶け切らないほど尿酸濃度が高くなると、体は血液の外(主に関節部分)に尿酸を結晶として排出し、血中の尿酸値を一定に保ちます。

そしてこの結晶に白血球が異物として攻撃したとき、結晶の破片が神経を刺激して激痛が走ります。

痛風は体からのSOS

激痛を伴う患部の腫れという痛風の症状は通常1~2週間で治まります。

ですが、これは痛みが引いただけの状態で、高尿酸血症であることに変わりはありません。

 

高尿酸血症が続く場合、心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高くなります。

痛みが治まったから「治った!!」と思わず、尿酸値を下げる治療をしないといけません。

スポンサーリンク


痛風の症状が足の指でなく膝に出るとき

膝をぶつけたなど、明らかな原因のある場合は別ですが、何もなくいきなり痛みが走ったら痛風の可能性が高いでしょう。

痛風発作を繰り返して慢性化している場合、膝(ひざ)に痛風の症状が出ることがあります。

症状としては、痛みは極めて激烈で、膝の関節は腫れあがり、赤くなります。

 

痛風の症状を繰り返していると、やがて足の方は尿酸の結晶が造られているところばかりになり、尿酸が結晶化できなくなってきます。

そうすると行き場をなくした尿酸は足元から次の関節である膝に上ってくるです。

 

つまり膝に痛風の症状が出るということは、足の指先に出る人に比べて体の中に尿酸をため込んでいるといえるのです。

スポンサーリンク


膝に痛風の症状が出たら一刻も早い治療をしよう!

痛風というのは何もしなくても時間が経てば痛みはひいていきます。

痛かった後1~2週間はお酒も節制しますが、気が付いたら元の生活に戻ってお酒を飲みすぎていたなんて人が大部分です。

 

かく言う私もその一人で喉元過ぎれば、痛さなんてものは忘れ去ってしまいます。

でもこれではいけないんですね。

 

痛風の原因である血液中の尿酸値濃度が高いままだと、成人病などを引き起こす可能性が高くなります。

スポンサーリンク


 

とはいえ、現在の医療では痛風を完全に治すことは出来ません。

というか、血液中の尿酸値濃度が高いのが原因ですから尿酸値が低い人でも、今後痛風になるかもしれないのです。

そういう意味ではだれでも痛風の予備軍であるといえます。

 

なので痛風の治療は痛風発作が起こらないように

尿酸値を限界値以下にとどめておく

というものになります。

 

そのためには生活習慣を改めるのが一番です。

生活習慣を改めるとは次のことを実践することです。

適度な運動

最近の研究では肥満が痛風の原因の一つであると言われています。

肥満は痛風だけでなく、成人病の原因にもなりますので、

ウォーキングなど定期的に体を動かしましょう。

 

尚、過度な無酸素運動はかえって尿酸の排出を妨げるので注意しましょう。

バランスの取れた食事

同じく肥満を防止するためです。暴飲暴食はやめアルコールも控えめにしましょう。

そこまで神経質になる必要はありませんが、プリン体の多い食品はなるべく避けた方が無難です。

十分な質の高い睡眠

何と言ってもこれが一番の治療かも知れません。

皆さん経験から言って、風邪をひいたときも寝ないと治らないでしょう?

寝ている間に人間の身体というものは修復されていくのです。

スポンサーリンク


膝の痛みは偽痛風の可能性もある

痛風の痛みとよく似た痛みで偽痛風(ぎつうふう)というものがあります。

これは関節部に尿酸ではなく、ピロリン酸カルシウムの結晶が溜まることが原因です。

偽痛風の場合は尿酸値は正常なのに痛みがひどいという状態になります。

 

この場合は痛風とは治療が変ってきますので、医師にお任せしましょう。

スポンサーリンク


まとめ

痛風になるといことは、糖尿病などより大きな病気になる前に体に異変が起こり、「生活習慣を改めなさい」と体が教えてくれているんです。

痛みは嫌なものですが、そこは前向きに「痛風の症状のおかげで大病を患わずにすんだ」と思って生活習慣を改めましょう。

 

以上、「痛風の症状が足でなく膝に出るとヤバイ!!」でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク